ディナータイムのコース料理について|旬素材dining近咲暮

ディナータイムのお料理は以下のようになっております

  • ディナーコース (要予約)
  • アラカルト(予約なしでもOK)

またご予約についても後半で説明します。

ディナーコース

ディナーコース 価格表
  • お一人様ずつお出しするコースです
  • ご利用可能人数・・2〜7名様

  • 3800円 5皿
  • 6800円 6皿
  • 10000円 7皿

料理内容は基本的にお任せいただきますが、お好みや軽度のアレルギーは対応させていただいております。

どちらのコースも自信のある内容ですので、お客様のご予算の応じてご注文いただけたらと思います。

  • 食材のお好みは可能な限り対応致します。その際予算外になる場合はその旨お伝えいたします。
  • 当店の料理は野菜をふんだんに使用していますが、ベジタリアン料理・ヴィーガン料理には対応いたしかねます。
  • 偏食が多い方、食物アレルギーの多い方のご予約も対応しかねます。ご了承ください。
  • 同一テーブルは同じコースでお願いします。
  • フリードリンクプランはございません。
  • ご予約に際しましては必ずキャンセルポリシーのページをご確認ください。

ディナーコースのここがおすすめ

イメージ写真です

ディナーコース はお一人様ずつのフルコーススタイルです。

季節の恵みを堪能できる近咲暮の今が味わえるお料理のコースです。

各価格帯でお作りできる料理は異なりますが、お客様のご予算に合わせてお選びいただけたらと思います。

ではディナーコースの良い点を解説します。

季節の食材を堪能できる

本当のご馳走と言うものは「その土地のその時期に合った食材で作る料理」だと思います。

当店のコースはもともと野菜をふんだんに使用しているのですが、近隣農家さんから届けられる野菜達には本当に感動させられます。

それぞれの良さを引き出してある時は脇役に、またある時は主役にさせたり

仕立て方も合わせる食材によって変えますし、カットの大きさも料理ごとに変わります。

皿数があるコースでも仕立て方を変えた野菜が変化をもたらしてくれるので飽きることはありません。

もちろん海の幸も季節感の表現にはもってこいですね。

日本の移りゆく季節に合わせて野菜は息づいています。

私たちも食材から季節を知る時もありますよね。

そんな感じのコースです。

ワインを合わせて楽しめる

イタリア各地のワインを揃えております。

グラスワインとして料理に合わせたワインをお出しすることができます。

イタリアは土着品種が多く、各地の個性的なワインを料理と一緒に楽しむことでさらに食体験が豊かになりますね。

Light コース 3800円

内容は季節によって変わります
  • 季節の前菜
  • 季節の前菜
  • パスタ料理
  • メイン料理(鶏)
  • デザート
  • 自家製パン2種+食後のお飲み物
こちらのコースはランチコースと同様の内容です。
メイン料理を牛へ変更することもできます(+1500円)

ディナーコース 6800円

内容は季節によって変わります
  • 季節の前菜
  • 季節の前菜
  • 季節の前菜
  • パスタ料理
  • メイン料理(牛)
  • デザート
  • 自家製パン2種+食後のお飲み物
メイン料理【牛】のコースです。
徹底した温度管理で加熱調理したメイン料理を味わっていただけるコースです。

ディナーコース 10000円

内容は季節によって変わります
  • 季節の前菜
  • 季節の前菜
  • 季節の前菜
  • パスタ料理
  • 魚料理
  • 肉料理
  • デザート
  • 自家製パン2種+食後のお飲み物
大切な方との食事・結婚記念日・お誕生日のお祝いでのご利用が多いです。
各皿の量は少なめですのでコース全体の量は他のコースと変わりません。

肩肘張らずに料理をお楽しみいただけたら幸いです。

お問い合わせはLINEからお願いします。

ご予約お問い合わせについて

ご予約やお問い合わせは24時間いつでもメッセージを送れるLINE公式アカウントをご利用ください。

もしメッセージ送信から3時間以内に返信がない場合はお手数ですがもう一度送ってください。

また、当日の空席確認や当日のご予約もLINEで対応しております。ぜひご利用くださいませ。

LINEをご利用でないお客様はお問い合わせフォームからお願いします。

返信されるメールアドレスはkonsakuradining@gmail.comですので、受信設定をお願いいたします。

*営業中の電話対応は致しかねますので当店は電話を設置しておりません。もし通話をご希望のお客様はLINEで「通話希望」と送ってください。こちらからLINE通話のリンクを返信いたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事